テレワーク時代到来で欠かせない!クラウドPBXの豆知識や基本情報を紹介!

当サイトはテレワーク時代到来で欠かせないという人も多い、クラウドPBXの豆知識や基本情報を紹介しています。
職場に導入することを検討しているという場合には役立つ可能性があるので、ぜひ参考にしてみてください。
企業がクラウドのPBX導入を急ぐ理由とは何かも触れています。
なぜ今このサービスが注目をされているのか知りたい場合におすすめです。
また企業が導入することでもたらされる最大の利点はどこにあるのかも解説しています。

テレワーク時代到来で欠かせない!クラウドPBXの豆知識や基本情報を紹介!

在宅勤務の時代到来により近年注目を集めているのがクラウドPBXですが、一体どのような特徴があるのかという疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
クラウドPBXはインターネット経由で使うことのできるPBXサービスのことです。
従来のPBXとは異なり、専用の機器を購入して設置する必要がありません。
自社でのメンテナスも不要なので便利に利用することができるのも、クラウドPBXの利用しやすいところです。

在宅勤務やリモートワークでクラウドPBX導入が重宝される理由について

在宅勤務やリモートワークではクラウドPBX導入が重宝される傾向にあります。
それらをする場合、オフィス内に全ての従業員が集まって仕事をする方式と決定的に異なるのはコミュニケーションの取り方です。
組織として仕事をする以上は必要に応じて社員間で連絡や相談をすることが必須ですが、オフィス内にいる場合は直接話すことができても在宅やリモートでは電話やメールが重要であり、その中でも相手の声を聞ける電話が大事であることは否定できません。
ところが通常のスマートホンを利用して通話すると当然ながら電話代がかかることになります。
これは止むを得ない訳では決してなく、クラウドPBXを導入することにより電話代をかけることなく通話ができるようになるのです。
その秘密は、オフィス内の内線通話と同じことが在宅やリモートで仕事をしている人に対しても適用できるようになるから、ということになります。

クラウドPBX導入における工事や導入までの過程について

クラウドPBXの導入時には、基本的に工事は必要ありません。
従来のビジネスフォンでは専用機器やネット回線の工事が必要でしたが、クラウドPBXなら工事をせずに利用を開始できます。
具体的なクラウドPBXの導入過程は、サービスを提供する会社に問い合わせてプランを決めて見積もりを取り、あとはアカウントを作成すれば終わりです。
専用のアダプタと光回線、VoIPと導入するスマホやパソコンなどの電話機があればすぐに使い始められます。
基本的に工事不要ですぐに使い始められますから、迅速にテレワーク環境を構築したいときに便利です。
パンデミック対策の一つとしてテレワークを推進するなら、スピーディーに環境を構築できるクラウドPBXには大きなメリットがあります。
導入までの過程が簡単なだけではなく、使い方も非常にシンプルです。
従来のビジネスフォンやスマホで電話をかけるときと同じ要領で、電話をかけたり転送ができたりします。

クラウドPBXとその他のシステムやCRMとの連携について

クラウドPBXを利用して様々な社内システムを連携し、効率的に使用しようと考えている企業は少なくありません。
また最近ではこのような機能を連携し業務効率化に効果があると謳っているクラウドPBXも増えていますが、これを利用する場合にはセキュリティー面で十分な注意が必要となります。
クラウドPBXはインターネットを経由し接続されることが多く、基本的にはVPNを利用して情報が外部から盗聴されないような仕組みとなっていますが、その実現方法は提供業者によって様々であり、そのレベルも大きく異なることに注意しなければなりません。
特にCRMは顧客情報を取り扱っていることになるため、これらの情報が外部に漏れた場合には企業が大きな損害を被ることになります。
クラウドPBXを利用し社内の業務効率化を図る場合には、この点に十分に注意が必要です。
そのセキュリティレベルを考慮し、接続するシステムを選ぶなど、入念な検討が必要となることを意識することが大切です。

多くのクラウドPBXに見られる主な機能とは

クラウドPBXの主な機能として搭載されているのは、内線通話や保留、転送などビジネス用途で便利なものが中心です。
通常の電話としても十分な性能が揃っており、商談のための話を進めたい時に役立ってくれるでしょう。
クラウドPBXでは着信だけではなく発信も可能となっているため、営業担当の携帯ツールにして各自で所持しておけば、外出先で顧客と連絡を取り合う際にも利用することができます。
これは外線発信機能に付属するもので、営業担当は外出先でも会社の固定電話の番号で発信することができるようになっており、受け取った顧客側はどの会社からの電話かすぐに判断することができるのもメリットでしょう。
場所を取らずに発信ができる利便性によって、これまで社内に在籍していないと連絡が取れず、社に戻ってから改めて折返しの返電をするなどの手段を使っていた営業社員から、顧客を待たせることなくスムーズに電話ができるようになるはずです。

筆者:小堀恭也

筆者プロフィール

和歌山県和歌山市生まれ。
クラウドPBXとはどういったものなのか気になったので調べてみました。
クラウドPBXとはどのようなものか